11/6発売 文化出版局『ミセス 12月号』掲載

11/6発売  文化出版局『ミセス 12月号』掲載

「ミセス」12月号(文化出版局)2020年11月7日発売

 

「こどもの本 私のすすめたい一冊」にエッセイを
寄稿しております。
是非ご覧ください。

 

詳細は以下URLをご覧ください。

4/1連載エッセイ開始 「一泊なのにこの荷物!」

4/1連載エッセイ開始 「一泊なのにこの荷物!」

2020年4月1日水曜日より、
ミシマ社のみんなのミシマガジン内にて
連載エッセイ「一泊なのにこの荷物!」が始まります。
月に一度の更新です。コチラから、ご覧ください。

https://www.mishimaga.com/books/ippaku-nanoni-h/

(※3/31現在では公開されておりませんので…4/1の公開までお待ちください)

1/7発売|宝島社「大人のおしゃれ手帖2月号」

1/7発売|宝島社「大人のおしゃれ手帖2月号」

『本上まなみの京都で大人になってます。~Next Stage~ 第43回』

 –京の冬のとっておき。千枚漬けをいただきます– (文:本上まなみ)

 

村上重本店を訪ねました。京の冬の漬物といえば真っ先にその名が上がる「千枚漬け」。しゃきしゃきとろりの食感が素敵、なんとも上品な、冬にしか食べられないごちそうです。

職人の岡本好弘さんはこちらの名物である千枚漬けの、味の要となる方です。半纏前掛けをきりりと絞めた立ち姿が美しい。曰く、村上重の千枚漬けは11月から2月まで、聖護院かぶらの・・・

 

 

続きは、2019/1/7発売の、
「大人のおしゃれ手帖2月号」(宝島社)で。
http://tkj.jp/osharetecho/

12/7発売|宝島社「大人のおしゃれ手帖1月号」

12/7発売|宝島社「大人のおしゃれ手帖1月号」

『本上まなみの京都で大人になってます。~Next Stage~ 第42回』 

-知るほどにおもしろく 心やすらぐ植物園-(文:本上まなみ)

 

開園95年目を迎える京都府立植物園にやってきました。私の学生時代からのお気に入りの場所です。取材した時期は秋の初めでしたが、それからつやつやどんぐりと落葉の時期を経て木々の枝ぶりがすっかり見える、冬枯れの季節に入りました。正門付近で迎えてくれる・・・。

 

 

続きは、2018/12/7(金)発売の、
「大人のおしゃれ手帖1月号」(宝島社)で。
http://tkj.jp/osharetecho/
(うさぎ島管理人より)

11/7発売|宝島社「大人のおしゃれ手帖12月号」

11/7発売|宝島社「大人のおしゃれ手帖12月号」

『本上まなみの京都で大人になってます。~Next Stage~ 第41回』 

-気品に満ちて美しく 並河七宝の世界を知る-(文:本上まなみ)

 

艶やかで透明感のある黒、内からも光を放っているような不思議な黒です。そこに配された藤の長い房。たっぷりと重たげに垂れ下がる紫、白の藤花の優美なことといったら。花の甘い香りまでも喚起させるような見事な美しさです。
緻密で繊細。これが七宝?筆で描いたものではないの・・・。

 

 

続きは、2018/11/7(水)発売の、
「大人のおしゃれ手帖12月号」(宝島社)で。
http://tkj.jp/osharetecho/
(うさぎ島管理人より)