あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。

 新しい年がやってきましたね。みなさまいかがお過ごしですか?

 昨年も活動を見守っていただきまして、どうもありがとうございました。

 

 2016年は情報番組のコメンテーターやラジオのパーソナリティ、いくつかのコマーシャル、ファッションブランドのイメージキャラクターやアニメーション映画の吹き替えなどなど、新しいお仕事の出会いがたくさんありました。スタッフや共演者のみなさんや、家族など多くの方に支えられてじっくり取り組めたこと、多くの学びがあったことに感謝しています。

 

 京都での暮らしも五年目に入りました。季節の変わり目がはっきりとしているこの街。うちの近くの賀茂川をぶらぶらしているだけでも昨日と今日がはっきりと違うことに気づかせてくれます。

 晩秋、落葉のあとに出現した生まれたての木の芽が、この寒空の中でも日に日に膨らんできていることにはっとさせられます。冬枯れの原っぱにもクローバーやカラスノエンドウのひと群れを見つけることができます。葉も小さく茎も細くて頼りなく見えるけど、暖かい日差しを待ちながらじっと踏んばる彼らには尊敬の念を抱かずにはおれません。

 二児のおかん業も実家の母たちにサポートしてもらいながら、笑ったり怒ったり泣いたりと、忙しくやっています。

 エネルギーの固まりみたいな子どもに引っぱられる日々で、こちらのペースが守られることは決してありませんが、そんなことさえ面白いと思えます。この地での日々の営みが、今の私の基礎となっています。

 

 さあ、今年はどんな一年になるかしら?

 これから公開になる映画、放送予定のドラマのお仕事もあります。それに加え、さらにチャレンジできる年になればいいなと思っています。

 お仕事面ののんびりの歩みは2017年もおそらく変わらないとは思いますが、どうか、気長に見守っていただければありがたいです。

 本年もどうぞよろしくお願いします。

 みなさまにとってよい一年になりますように!

 

               2017年元日   本上まなみ

12/7発売 宝島社「大人のおしゃれ手帖」1月号

12/7発売 宝島社「大人のおしゃれ手帖」1月号

『本上まなみの京都で大人になってます。~Next Stage~ 第18回』

 –手間の分だけ愛おしい 金継ぎの魅力を知る– (文:本上まなみ)

 

念願の金継ぎ体験をしました。うちのお皿たち、このごろ欠けやひびが入ったものが目立つようになってきました。どれも普段使いの決して高価なものではないのですが、愛着があって手放すことはできず、どうかこれ以上ひどいことにはなりませんように!と念じつつの日々だったのです。中には…..

 

続きは、2016/12/7発売の、
「大人のおしゃれ手帖1月号」(宝島社)で。
http://tkj.jp/osharetecho/